箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

箕面市・豊中市の西尾ギター教室

ギター教室の発表会とは

IMG_1048

20140908-120642

ギター教室の発表会とは

ピアノ教室に比べて圧倒的に数が少ないギター教室ですが、
きちんと運営されているギター教室には一年に一度くらいは発表会があります。
逆にきちんと運営されていない、または生徒数が少ないギター教室には発表会がありません。
一つの目安にして頂けたらと思います。
ちなみに西尾ギター教室は毎年9月に発表会を開催しています。
一年に一度、ご家族やご友人の前で、また同じギター教室に通う他の生徒さんの前でギター演奏を披露する事が、
ギター教室の発表会になります。

発表会の意義とは?

① 緊張感を持って練習出来る。
② 100%演奏に集中出来るのは、実は人前で演奏している時だけ
③ 恥をかきたくないので一生懸命に練習する。
④ 発表会に出演する事で演奏がレベルアップする。

発表会の参加費

参加費はギター教室によって様々だと思います。
だいたい6000円~15000円くらいだと思います。
大手の音楽教室になりますと10000円前後だと思います。
ちなみに西尾ギター教室の2016年までの発表会費は7000円でした。
恐らく2017年からは8000円になると思います。

発表会のコスト

「発表会の参加費が高い!」と思われる方もおられると思います。
発表会を開催する上で掛かる一番のコストは「会場使用料」です。
会場使用料で約数万~十数万円します。
発表会参加費の主な内訳を記載いたします。
① 会場使用料
② 照明、裏方さんの人件費
③ 写真代
④ お花代
⑤ 会場設営代
⑥ プログラムなどの雑費
⑦ 講師の人件費

ギター教室発表会の主人公は生徒さん

ギター教室の発表会の主人公は生徒さんです。
ギターの先生はあくまでも生徒さんをサポートする立場であり、生徒さんのナビゲーションです。
生徒さんは「大勢の中の一人だ」という考え方ではなく、「自分が主人公である」、
言い換えれば、「自分の演奏をお客様に聞いて頂く」という気持ちが大切です。
このような気持ちがある人のみ発表会に出演する資格があると思います。
演奏している時、主人公は演奏者です。

生徒さんはギタリスト

「ギタリスト」=「プロ」という考え方がありますが、そうでは決してありません。
ギターを弾く人全ての人がギタリストです。舞台に上がりギターを演奏をすれば皆が「ギタリスト」なのです。
舞台上にはプロもアマチュアもありません。
聴衆にに自分の持てる力を精一杯に発揮して良い音楽を届ける事が演奏者の責務です。

演奏する時のマナー

演奏者は聴衆に対して必ずマナーを守らなければなりません。
① 女性ならドレス、男性ならタキシードやスーツなどを着て、聴衆に最大限の敬意を払いましょう。
② 背筋を伸ばして、聴衆に対してきちんとお辞儀をしましょう。
③ よれよれのコピーの楽譜は使用せずに、きちんとした楽譜を使用しましょう。
④ 聴衆の為に全力で演奏しましょう。
⑤ 演奏が終わったら聴衆にきちんとお辞儀をしましょう。

発表会で絶対にしてはならないこと

① 遅刻やドタキャン。
② 服装がTシャツやミニスカート、Gパン。
③ お辞儀を雑にする。
④ 演奏を適当にする。
⑤ 先生の話を聞かない。
⑥ 会場ホール内でお菓子を食べたりゲームをしたり、携帯電話をいじる行為。
⑦ 同門の生徒さんの演奏を全く聞かない。

私が発表会前に生徒さんに必ずお伝えすることがあります。
「自分の演奏が終わった後は遊ばずに必ず他の生徒さんの演奏をよく聴きましょう。
そしてその演奏のどこが良かったのかを考えましょう。他の生徒さんの演奏が終わったら必ず拍手をしましょう」

発表会に参加するメリット

① 発表会に参加を決めた生徒さんはどの生徒さんも普段以上に練習するようになります。
② ギター演奏に100%集中している時は、実は人前で弾いている時だけなので必ず新しい気付きがあります。
③ 発表会での演奏が終わった時の達成感があります。
④ 発表会に毎年出演される生徒さんは出演されない生徒さんよりも必ず上達します。

発表会に参加するデメリット

① 必ず緊張します。
② 演奏中にミスした時、頭がパニックになります。
③ 演奏終了後、上手く演奏出来なかったと思ったら落ち込みます。

しかし、緊張するのは当たり前です。プロのギタリストでも緊張します。
緊張するという事は「それだけギターと真剣に向き合って来た証拠」と言えますよね。
いい加減な練習しかしてこなかったのであるならば「適当に弾こう」と思いますし、緊張もしません。緊張する事は当たり前の事なのです。
演奏終了後、上手く演奏出来なかったと感じたら落ち込むのも同じです。それだけ真面目にギターに向き合って来た証拠です。

発表会の時の服装

発表会の本番の服装はなるべく良いものを着ましょう。女性は出来るだけドレス、またはそれに準ずる綺麗な服装やスーツ。
男性ならタキシード、スーツ、またはそれに準ずる綺麗な服装。
そして男性が意外に見落としがちなのが「靴」です。汚い靴ではなく、古くてもきちんと磨いた革靴を履きましょう。
聴衆に最大限の配慮をするのが演奏者のマナーです。Gパン、ミニスカート、Tシャツは絶対にNGです。

発表会への参加が任意であるギター教室を選ぶ

生徒さんの中には色んな価値観の人がおられます。上記の内容だけを見れば「西尾ギター教室の発表会は強制参加なのかな?」
と思われるかもしれませんが、発表会への参加は任意です。
人前で弾くのが苦手な方もおられるでしょう。発表会への参加にメリットを感じない方もおられると思います。
ギター教室の中には「発表会へは強制参加!」なギター教室もあります。
出来るだけ発表会参加は任意であるギター教室を選んだ方が良いと思います。
西尾ギター教室ではそのような事は決してありません。発表会に参加したい人は参加して下さい、逆に参加したくない人は参加されなくても大丈夫です。

まとめ

発表会に出る事にはデメリットもありますが、やはりメリットの方が大きいと私は思います。
人前で演奏するという経験は、必ずその人を大きく成長させてくれます。
また、お子さんが舞台の上で一生懸命に演奏する姿を見るのは、親として一番の喜びではないでしょうか。
そしてその姿を自分の親、すなわちお子さんにとってはおじいちゃん、おばあちゃんが見る。必ず喜ばれると思います。
私はそのようなご家族を沢山見てきました。その家族の絆を感じる事が出来ました。
発表会の主人公は紛れもなく生徒さんです。
その生徒さんの演奏を聴いて、周りの人を幸せな気持ちにすることが出来るのは発表会に参加し、一生懸命に演奏した生徒さんです。
一生懸命にギター練習する➡発表会に参加する➡上手な演奏をする➡みんなから褒められる➡モチベーションが上がる➡ギターが好きになる➡ますますギターを練習する。
これはあくまでも理想ですが、やはり可能であるならば発表会には出来るだけ参加された方が良いと思います。お子さんを発表会に参加させてあげて下さい。
これは西尾ギター教室の願いでもあります。

公開日: