箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

久しぶりにギターと真剣に向き合って

   

前回のブログにも書きましたが、今年の年末年始は平均8時間ほど、ギターを練習しました。

基礎練習に1時間。レパートリーに3時間。そして新しく練習する曲を4時間練習しました。

6日間ギターと長時間向き合って練習し、様々な事を思いました。

・過去、先生に教わった事

・音色の変化、音色の強弱の出し方、表現力の出し方、音楽の方向性

・家内から「アーティストである前にアルチザン(職人)であれ」と言われました。

特にA.バリオスの大聖堂の第3楽章を練習していますが、家内からは「まだまだ中聖堂だな」と厳しく言われました。

自分でも思います。まだまだ技術的にも音楽的にも一流のギタリストの演奏には到底敵わない。

爪の形を変えたり、脱力を考えたり、基礎練習を増やしたり、あらゆる事を試して練習した六日間でした。

昔、ギターの先生にこう言われました。

「西尾の音は表現力が無い。例えば”甘い”とか”辛い”とか”柔らかい”とか”硬い”とかだ」

この言葉を今でも忘れずに努力していますが、未だに解決しておりません。

また、こうも言われました。

「西尾の音にはコシがない。お前はうどんを食った事があるだろう?コシが無いうどんは不味い。お前の音はそんな音だ」

仰る通りだと思います。

単純に私の努力不足だと思います。

色んな事を考えながら、それでも「上手くなりたい」との思いはこの六日間で確実に思いは深くなりました。

1月が始まり、通常のレッスンが始まると、朝起きて3時間はピアノ教室のチラシポスティング、帰宅後、2時間はギターの練習をしてから5時間は生徒さんのレッスン。22時に終わってから深夜まで再び自分のギターの練習をします。

毎日がヘトヘトになりながらも何とか上手くなりたいとの思いがあります。

私の鈍刀を鋭刀に変えなければなりません。

「上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」

自分が下手だと認識した上で地道な練習をしなけれはなりません。

そこはありきたりな言葉かもしれませんが練習するしかありません。

努力、忍耐、練習、この3つがとても大切な事だと私はこの六日間で猛烈に感じました。

それでも、これだけは言えるのは20年前、九州ギターコンクールで第3位を受賞した時よりも今の方が上手いと自分では思っています。

自惚れている訳ではありませんか、それでも練習するしかありません。

 - ギター教室への熱い思い ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
愛されるギター教室の先生

日本を代表するコメディアン志村けんさんが新型肺炎コロナウイルスでお亡くなりになり …

no image
茨木市彩都で行われた習い事のイベントに出店しました。

今日は茨木市彩都で行われた習い事のイベントに参加しました。 小さなお子様が沢山、 …

北千里からも近いギター教室

西尾ギター教室は阪急北千里駅が最寄り駅になります。 確かに北千里駅からは徒歩では …

高校でのレッスン

先日より、兵庫県立三田祥雲館高等学校に特別非常勤講師としてギターを教えに行く事に …

10年前を振り返って PART8

前回のブログの続きです。2012年の夏は疎遠だった人との再会がいくつかありました …

今年一年ありがとうございました。

今年も残す所、あと僅かとなりました。 28日までレッスンは続きますが、29日から …

やってはいけない3G

今回はギター講師がやってはいけない3Gのお話しをしたいと思います。 これはやって …

箕面市の西尾ギター教室

今日は体験レッスンがありました。 有難い事に池田市からわざわざお越しの方でした。 …

no image
体験レッスンがありました

昨日は豊中市の西尾ギター教室でウクレレの体験レッスンがありました。 とても素敵な …

西尾純平の公式Instagramを開設しました。

Instagramを開設しました。宜しければフォローよろしくお願いします。演奏動 …