箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

自分は生きる意味があるはず

   

先日のブログでも書いた通り、最近は反町隆史さんのPOISONをよく聴いています。

ジョギングしている時や、車に乗っている時によく聴いています。

最初は歌詞にはほとんど注目しておりませんでしたが、反町隆史さんが作詞をされた事に気付き、詞をよく読んでみました。

有名な箇所はサビの所の、

「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ…POISON」ですが、私は敢えて、出だしの歌詞に注目しています。

「いつまでも信じていたい
最後まで思い続けたい
自分は生きる意味があるはずと」

コロナが蔓延し、不安な毎日を過ごす中、何も出来ない自分に「生きる意味はあるのか?」
とよく考えます。

吉村知事の頑張り、特に吉村知事の発言には驚きました。
「政治家は使い捨てで良い」
自分は使い捨てで良いとあっさり言い切る吉村知事を見て、自分は何て無力で他者の為に何も出来ず、保身しか考えていない自分に嫌気が差しました。

私自身、ギター教室を守りたい、ピアノ教室を守りたい、それしか現在は考えておらず、他者の事まで考える余裕もありません。しかし、そんな自己中心的な自分を客観的に見て、「自分に生きる意味があるのか?」と思わずにはいれません。

箕面市と豊中市で細々とギター教室とピアノ教室をやっている。学歴もコンクール優勝歴もなく、ギター界で有名な訳でもない。私一人が消えた所でこの世界には全く何の影響もありません。

コロナで色々な事を考えました。
ギター教室の事、ピアノ教室の事、家族の事など、、、

そんな時に反町隆史さんのPOISONを聴きながら、それでも歌詞にあるように、

「いつまでも信じていたい
最後まで思い続けたい
自分は生きる意味があるはずと」

自分にとって生きる意味とは何だろうか?
俺は本当にこの世に必要な人間なのだろうか?

毎日悩みながら、とりあえず生きています。

それでも反町隆史さんが仰るように、
自分は生きる意味があるはずといつまでも信じていたいですし、最後まで思い続けたいと思います。

この曲の歌詞はこのような言葉で締め括られています。

「まっすぐ向きあう現実に
誇りを持つために
戦う事も必要なのさ」

コロナがある現実に立ち向かわなければならない。
コロナと戦う事も必要なのかもしれません。

そんな事を思いながら、私は明日もオンラインレッスンを頑張ろうと思います。

自分に生きる意味はあるはず。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
高校での授業

週に2回、高校での音楽の授業にてギターの楽しさを教えています。 高校生はとても真 …

dht
我が師匠、大野朱美先生

私が本格的にギター教室に通い始めたのは高校3年生、つまり18歳の時でした。 当時 …

発表会が終了しました。

9月2日に無事に西尾ギター教室、ピアノ教室の発表会が開催されました。 今回は51 …

本日も体験レッスンのお申し込みがありました。

新年からほぼ毎日のように体験レッスンのお申し込みを頂いております。 本当にありが …

no image
生徒さんの自宅まで楽譜を届けに行きました。

今日は夜に生徒さんの自宅に楽譜を届けに行きました。 現在はオンラインレッスンの生 …

明日のレッスンはお休みさせて頂きます。

台風の為、2019/10/12のレッスンはお休みとさせて頂きます。 どうぞよろし …

no image
何度でも立ち上がるギタリストでありたい

1月に入ってからも沢山の体験レッスンのお申し込みとご入会があり、心より感謝申し上 …

生徒さんからお手紙を頂きました。

小学生の生徒さんからお手紙を頂きました。 可愛らしい絵を描いて頂き本当に嬉しく思 …

no image
ギターの修理、弦交換賜ります。

ここ数日、何人かの一見さんのお客様から、 「楽器店が閉店しているから、弦交換が出 …

月曜日の午前中は御年配の方のレッスン

月曜日の午前中は主に定年退職をされた方が沢山お越し頂いております。 画像のGさん …