箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

箕面市・豊中市の西尾ギター教室

自分は生きる意味があるはず

   

先日のブログでも書いた通り、最近は反町隆史さんのPOISONをよく聴いています。

ジョギングしている時や、車に乗っている時によく聴いています。

最初は歌詞にはほとんど注目しておりませんでしたが、反町隆史さんが作詞をされた事に気付き、詞をよく読んでみました。

有名な箇所はサビの所の、

「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ…POISON」ですが、私は敢えて、出だしの歌詞に注目しています。

「いつまでも信じていたい
最後まで思い続けたい
自分は生きる意味があるはずと」

コロナが蔓延し、不安な毎日を過ごす中、何も出来ない自分に「生きる意味はあるのか?」
とよく考えます。

吉村知事の頑張り、特に吉村知事の発言には驚きました。
「政治家は使い捨てで良い」
自分は使い捨てで良いとあっさり言い切る吉村知事を見て、自分は何て無力で他者の為に何も出来ず、保身しか考えていない自分に嫌気が差しました。

私自身、ギター教室を守りたい、ピアノ教室を守りたい、それしか現在は考えておらず、他者の事まで考える余裕もありません。しかし、そんな自己中心的な自分を客観的に見て、「自分に生きる意味があるのか?」と思わずにはいれません。

箕面市と豊中市で細々とギター教室とピアノ教室をやっている。学歴もコンクール優勝歴もなく、ギター界で有名な訳でもない。私一人が消えた所でこの世界には全く何の影響もありません。

コロナで色々な事を考えました。
ギター教室の事、ピアノ教室の事、家族の事など、、、

そんな時に反町隆史さんのPOISONを聴きながら、それでも歌詞にあるように、

「いつまでも信じていたい
最後まで思い続けたい
自分は生きる意味があるはずと」

自分にとって生きる意味とは何だろうか?
俺は本当にこの世に必要な人間なのだろうか?

毎日悩みながら、とりあえず生きています。

それでも反町隆史さんが仰るように、
自分は生きる意味があるはずといつまでも信じていたいですし、最後まで思い続けたいと思います。

この曲の歌詞はこのような言葉で締め括られています。

「まっすぐ向きあう現実に
誇りを持つために
戦う事も必要なのさ」

コロナがある現実に立ち向かわなければならない。
コロナと戦う事も必要なのかもしれません。

そんな事を思いながら、私は明日もオンラインレッスンを頑張ろうと思います。

自分に生きる意味はあるはず。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

新教室の大工さん

   西尾ギター教室の箕面教室は7月より新築一戸建てに移転し …

1月もたくさんの入会がありました

   1月もたくさんの入会がありました。今年は1月もたくさん …

嬉しい出来事がありました。

5年前、豊中教室を開講して間もない頃に刀根山や千里園、蛍池にギター教室のチラシを …

西尾ギター教室 公式LINE@が公開されました。

西尾ギター教室の公式LINE@が公開されました。 皆様、お友達登録をどうぞよろし …

感動を提供出来るギター教室を目指して

   西尾ギター教室にもたくさんの生徒さんが集まりました。 …

銀シャリさんが西尾ギター教室に来ました。

吉本興業の漫才コンビ、銀シャリさんが西尾ギター教室に来られました。 関西テレビ「 …

no image
10弦ギターを弾いてみました。

無伴奏チェロ組曲第一番 前奏曲

箕面市立第四中学校の生徒さん

   西尾ギター教室の箕面教室には箕面市立第四中学校の生徒さ …

no image
10月に入りました。

​​ ​ 10月に入りました。今年も残り後3ヶ月になりましたね。10月に入ってか …

生徒さんから頂きました。

   本日、生徒さんからお土産を頂きました。 奈良にある氷室 …