箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

箕面市・豊中市の西尾ギター教室

カルカッシのギター教則本

   

ネットがなかった時代ではクラシックギターを始める時にまず始めに一番購入された教則本が、カルカッシのギター教則本でした。

かなり古くからある教則本でして、今でもこの教則本を使用してレッスンをされるギターの先生もおられると思いますが、豊中市の西尾ギター教室では使用しておりません。

理由は、「考え方が古い」からです。もちろん抜粋して使用する場合もありますが、全体的には古くて使いづらいと思います。

ギタリスト溝淵浩五郎先生による編著になります。

私が購入した時は1800円でしたが、今では新改変版も販売されていますね。


現在は2500円ほどになります。

カルカッシのギター教則本は第1部から第4部まであります。レベルに応じて使用するのが良いと思います。


最初はギターの構え方から始まり、右手、左手の構え方も丁寧に解説されています。

弾弦法、特にアポヤンド奏法とアルアイレ奏法の違いも詳しい解説されています。


それでは第1部から見ていきたいと思います。

第1部 初等科

まずはギターのポジションについて書かれていますね。ギターの指板に対してどこに何の音が配置されているのかが記載されています。

ギターを弾く上で大切な事の一つは、どの音がどこにあるのか覚えなければなりません。


アルペジオの練習課題もはいっています。これはとても良いアルペジオ練習です。1番から22番まであります。22番までやるとアルペジオに関しては良いと思います。


この後にはハ長調から順番にト長調、ニ長調、イ長調、ホ長調と各調による練習曲が続きます。もちろん短調の練習曲も入っています。

第2部


第2部ではクラシックギターを弾く上で大切なテクニックについて書かれています。

  1. スラー (上昇スラー、下降スラー)
  2. アラストレ奏法、いわゆるスライド奏法
  3. いおん、装飾音
  4. 回音
  5. せんおん
  6. 漣音

それからハイポジションでの練習曲が記載されています。主に4フレット、5フレット、7フレット9フレットですね。このあたりのフレットはクラシックギターではよく使います。

第3部


第3部では50曲の小品集が記載されています。

円舞曲、狂想曲、行進曲、ロンド、シチリアーナ、ギャロップなどです。小品集なので比較的短い曲が多く記載されています。後半に行けば行くほど難しい曲になっていきます。

第4部


第4部はほとんどが曲集になり、カルカッシ以外の作曲家の曲も沢山記載されています。

コストの舟歌、ソルのワルツ、月光、パガニーニのソナチネ、タレガのラグリマ、アデリータ、そしてこのカルカッシのギター教則本の最後はタレガなやアルハンブラの想い出です。

この教則本をきっちりやればかなり上達すると思いますが、なにせ真面目な教則本なのです。ギターの参考書みたいに書かれているので、大人でも途中で挫折してしまうと思います。

しかしきっちりとやれば必ず上達すると思います。

以上、簡単ではございますがカルカッシのギター教則本について書いてみました。

 - ギター教室への熱い思い , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

暑い日が続きます

皆様こんにちは。毎日暑い日が続いております。 夏になりまして、有難い事に体験レッ …

西尾ギター教室に来て頂きたい方とは

西尾ギター教室は3歳〜18歳までのお子様と、60歳以上の定年退職をされた方に特化 …

実家に行きました

今日は実家に行きました。 私の母が子供達と孫達の為に料理を振舞ってくれました。 …

レッスンで心掛けていること

私がレッスンで心掛けていること、それは明るく楽しいレッスン。 まずは先生が楽しく …

no image
豊中市蛍池でギター教室をする理由とは?

   西尾ギター教室の豊中教室は豊中市蛍池にあります。 阪急 …

粟生幼稚園 運動会

今日はギター教室はお休みです。箕面市にある粟生幼稚園の運動会に保護者として参加し …

今日から再び高校で授業です

  今日からまた猪名川高校でギターを教えます。 今年から正式に兵庫県立 …

発表会のお知らせ

西尾ギター教室は今年で十周年を迎える事になりました。 これもひとえに皆様のおかげ …

元生徒さんからの手紙

半年前に残念ながらギター教室をお辞めになられた小学生の生徒さんからお手紙を頂きま …

結婚10周年

西尾ギター教室ではお子様と定年退職をされた方に向けたギターレッスンを行っておりま …