箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

カルカッシのギター教則本

   

ネットがなかった時代ではクラシックギターを始める時にまず始めに一番購入された教則本が、カルカッシのギター教則本でした。

かなり古くからある教則本でして、今でもこの教則本を使用してレッスンをされるギターの先生もおられると思いますが、豊中市の西尾ギター教室では使用しておりません。

理由は、「考え方が古い」からです。もちろん抜粋して使用する場合もありますが、全体的には古くて使いづらいと思います。

ギタリスト溝淵浩五郎先生による編著になります。

私が購入した時は1800円でしたが、今では新改変版も販売されていますね。


現在は2500円ほどになります。

カルカッシのギター教則本は第1部から第4部まであります。レベルに応じて使用するのが良いと思います。


最初はギターの構え方から始まり、右手、左手の構え方も丁寧に解説されています。

弾弦法、特にアポヤンド奏法とアルアイレ奏法の違いも詳しい解説されています。


それでは第1部から見ていきたいと思います。

第1部 初等科

まずはギターのポジションについて書かれていますね。ギターの指板に対してどこに何の音が配置されているのかが記載されています。

ギターを弾く上で大切な事の一つは、どの音がどこにあるのか覚えなければなりません。


アルペジオの練習課題もはいっています。これはとても良いアルペジオ練習です。1番から22番まであります。22番までやるとアルペジオに関しては良いと思います。


この後にはハ長調から順番にト長調、ニ長調、イ長調、ホ長調と各調による練習曲が続きます。もちろん短調の練習曲も入っています。

第2部


第2部ではクラシックギターを弾く上で大切なテクニックについて書かれています。

  1. スラー (上昇スラー、下降スラー)
  2. アラストレ奏法、いわゆるスライド奏法
  3. いおん、装飾音
  4. 回音
  5. せんおん
  6. 漣音

それからハイポジションでの練習曲が記載されています。主に4フレット、5フレット、7フレット9フレットですね。このあたりのフレットはクラシックギターではよく使います。

第3部


第3部では50曲の小品集が記載されています。

円舞曲、狂想曲、行進曲、ロンド、シチリアーナ、ギャロップなどです。小品集なので比較的短い曲が多く記載されています。後半に行けば行くほど難しい曲になっていきます。

第4部


第4部はほとんどが曲集になり、カルカッシ以外の作曲家の曲も沢山記載されています。

コストの舟歌、ソルのワルツ、月光、パガニーニのソナチネ、タレガのラグリマ、アデリータ、そしてこのカルカッシのギター教則本の最後はタレガなやアルハンブラの想い出です。

この教則本をきっちりやればかなり上達すると思いますが、なにせ真面目な教則本なのです。ギターの参考書みたいに書かれているので、大人でも途中で挫折してしまうと思います。

しかしきっちりとやれば必ず上達すると思います。

以上、簡単ではございますがカルカッシのギター教則本について書いてみました。

 - ギター教室への熱い思い , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ギターを丁寧に扱う

ギターを丁寧に扱う 私は生徒さんがギターを粗末に扱ったら怒ります。 レッスンで怒 …

発表会を終えて

  三年前、氷室京介さんのLIVEに行った時に氷室京介さんが、ライブが …

ポンタの伝言板

最近、ブログが滞っており大変申し訳ありませんでした。 西尾ギター教室の生徒さんが …

全ての生徒さんが大切です

今回のブログタイトル、カッコつけて言ってる訳ではありません。心の底から思っていま …

西尾ギター教室のハロウィンレッスン

西尾ギター教室では10月の最後の週のレッスンではハロウィンレッスンとして、小学生 …

ギターを習おうか悩んでいる方へ

西尾ギター教室の生徒さん、特に大人の方の生徒さんがよくこう仰います。 「実は西尾 …

良いお年をお迎えください

今年一年、本当にありがとうございました。 五月と六月にはギター教室存続の危機にな …

継続は力なり?

神戸そごうが神戸阪急に変わり、その柿落としでフランスフェアという催し物が開催され …

ウクレレのレッスン

西尾ギター教室ではウクレレのレッスンも行っています。 特に年配の方がウクレレをさ …

レッスンの意義

ギターレッスンを受ける意義とは何でしょうか。 インターネットを見れば、 「このD …