箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

ギターは手で弾くものではない

      2022/01/23

週刊少年マガジンで連載されていた「将太の寿司」と言う漫画があります。

主人公、関口将太は寿司職人です。
彼は、とある寿司のコンテストで優勝するべく努力をしていました。

そんな行き詰まった時、友人である渡辺久美子さんから手紙が届きました。

渡辺久美子さんはピアノでウィーンに留学していました。
彼女もまた、留学先のウィーンで挫折し、落ち込む日々を送っていました。

レッスンに行けば、先生には怒られ、留学仲間からは笑われて心底落ち込んでいました。

彼女は落ち込んだ時、幼い頃大好きだったシューマンのトロイメライを弾きました。
トロイメライを弾いている時は心が落ち着き、慰めてくれるように思いました。

トロイメライを弾く彼女をピアノの先生は影から見ていました。

暫くして、門下の発表会が開催される事になりました。
彼女以外の人はリストの超絶技巧練習曲や、プロコフィエフの2番を弾くと口々に言いました。

彼女もまた先生に「私もプロコフィエフの2番を弾く」と言いました。

すると先生は「駄目です。あなたはトロイメライを弾きなさい」と言いました。

周りの人はみんなが笑いました。
「トロイメライなんて子供でも弾ける曲じゃないか」

彼女は呆然としました。

そんな彼女に先生はこう言いました。

「あなたは勘違いをしています。ピアノは指で弾くものではありません。この言葉の意味を発表会までによく考えなさい」

彼女は驚きました。

迎えた本番、彼女はただ一点だけを想い、トロイメライを弾きました。

心を込めて弾く。

聴いていた聴衆が驚きました。
演奏が終わると皆が拍手喝采でした。

「ピアノは指で弾くものではない」
この言葉の本当の意味を彼女は分かった時でした。

この漫画を読んだのは私が大阪音楽大学でギターを学んでいた時でした。

当時は殆どこのお話しの真意が分かりませんでしたが、あれから20年以上経ち、人並みに失恋や失望、挫折、人間関係の崩壊を経験してこの話の真意が分かりました。

私にギターを教えて下さった大野朱美先生もきっと私に「ギターは指で弾くものではなく、心で弾くものだ」と教えてくれたのだとこの歳になってようやく分かりました。

 - ギター教室への熱い思い , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

たくさんの生徒さんに囲まれて

夏です。 春があっと言う間に過ぎ去りました。 お陰様で西尾ギター教室にはたくさん …

イクメン日記

私には3歳になる娘がおります。3歳になる娘にはギターを弾いて貰いたいのですが、あ …

三日間ほどお休みを頂きました。

10月の29日、30日、31日は5週目に当たる為、久しぶりにお休みを頂戴しました …

帰り道は遠回りしたくなる

とある生徒さんが乃木坂46のファンで、彼女達の人気曲「帰り道は遠回りしたくなる」 …

no image
今月は5件も体験レッスン

有難い事に、12月に入り5件も体験レッスンのお問い合わせを頂きました。本当に嬉し …

クラシックギターの構え方

今日からギター初心者の為に役立つブログを書いていこうと思います。 クラシックギタ …

やり直しがきかない人生

上記の詩はCHAGE&ASKAの飛鳥涼さんが書かれた詩です。色々と考えさ …

最も大切な基礎練習とは

ギターを上手に弾く上で大切な事の一つは「両手各指の独立」だと思います。 自分の両 …

ポンタのお手紙

長らく書いていなかった箕面市の西尾ギター教室のニュースレター「ポンタのお手紙」を …

ミュージックアワー

私はロックも大好きです。 気分が乗らない時に必ず聴く曲がポルノグラフティのミュー …