箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

ギターは手で弾くものではない

   

週刊少年マガジンで連載されていた「将太の寿司」と言う漫画があります。

主人公、関口将太は寿司職人です。
彼は、とある寿司のコンテストで優勝するべく努力をしていました。

そんな行き詰まった時、友人である渡辺久美子さんから手紙が届きました。

渡辺久美子さんはピアノでウィーンに留学していました。
彼女もまた、留学先のウィーンで挫折し、落ち込む日々を送っていました。

レッスンに行けば、先生には怒られ、留学仲間からは笑われて心底落ち込んでいました。

彼女は落ち込んだ時、幼い頃大好きだったシューマンのトロイメライを弾きました。
トロイメライを弾いている時は心が落ち着き、慰めてくれるように思いました。

トロイメライを弾く彼女をピアノの先生は影から見ていました。

暫くして、門下の発表会が開催される事になりました。
彼女以外の人はリストの超絶技巧練習曲や、プロコフィエフの2番を弾くと口々に言いました。

彼女もまた先生に「私もプロコフィエフの2番を弾く」と言いました。

すると先生は「駄目です。あなたはトロイメライを弾きなさい」と言いました。

周りの人はみんなが笑いました。
「トロイメライなんて子供でも弾ける曲じゃないか」

彼女は呆然としました。

そんな彼女に先生はこう言いました。

「あなたは勘違いをしています。ピアノは指で弾くものではありません。この言葉の意味を発表会までによく考えなさい」

彼女は驚きました。

迎えた本番、彼女はただ一点だけを想い、トロイメライを弾きました。

心を込めて弾く。

聴いていた聴衆が驚きました。
演奏が終わると皆が拍手喝采でした。

「ピアノは指で弾くものではない」
この言葉の本当の意味を彼女は分かった時でした。

この漫画を読んだのは私が大阪音楽大学でギターを学んでいた時でした。

当時は殆どこのお話しの真意が分かりませんでしたが、あれから20年以上経ち、人並みに失恋や失望、挫折、人間関係の崩壊を経験してこの話の真意が分かりました。

私にギターを教えて下さった大野朱美先生、藤井眞吾先生もきっと私に「ギターは指で弾くものではなく、心で弾くものだ」と教えてくれたのだとこの歳になってようやく分かりました。

 - ギター教室への熱い思い , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今日から再び高校で授業です

  今日からまた猪名川高校でギターを教えます。 今年から正式に兵庫県立 …

人生はニャンとかなる!

コロナウイルスの脅威に晒されて、まもなく一年が経とうとしています。 SARSや新 …

大人の方のレッスン

西尾ギター教室では原則、振替レッスンを行っておりません。 それでも大人の方が多数 …

自己原因論

私は自分の生き方、考え方は全て「自己原因論」に基づいて生きていこうと考えています …

夫婦共演動画

2019年9月15日に行われた西尾ギター教室の発表会にて家内(フルート)と二重奏 …

生徒さんからの年賀状

今年も生徒さんからたくさんの年賀状を頂きました。 その中でも特に素敵だった年賀状 …

夏は近江舞子で演奏

今年のお盆に家族で滋賀県近江舞子に行きました。 琵琶湖の畔で、私の知り合いが海の …

体験レッスンのお問い合わせをありがとうございます

9月に入り、立て続けにお問い合わせ、体験レッスンのお申し込みを頂いております。 …

ホームページをリニューアル

西尾ギター教室ではお子様と定年退職をされた方に向けたギターレッスンを行っておりま …

箕面市の公文 青松園

西尾ギター教室のすぐ近くに公文 青松園校があります。 こちらの公文に通われている …