箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

ギターは手で弾くものではない

   

週刊少年マガジンで連載されていた「将太の寿司」と言う漫画があります。

主人公、関口将太は寿司職人です。
彼は、とある寿司のコンテストで優勝するべく努力をしていました。

そんな行き詰まった時、友人である渡辺久美子さんから手紙が届きました。

渡辺久美子さんはピアノでウィーンに留学していました。
彼女もまた、留学先のウィーンで挫折し、落ち込む日々を送っていました。

レッスンに行けば、先生には怒られ、留学仲間からは笑われて心底落ち込んでいました。

彼女は落ち込んだ時、幼い頃大好きだったシューマンのトロイメライを弾きました。
トロイメライを弾いている時は心が落ち着き、慰めてくれるように思いました。

トロイメライを弾く彼女をピアノの先生は影から見ていました。

暫くして、門下の発表会が開催される事になりました。
彼女以外の人はリストの超絶技巧練習曲や、プロコフィエフの2番を弾くと口々に言いました。

彼女もまた先生に「私もプロコフィエフの2番を弾く」と言いました。

すると先生は「駄目です。あなたはトロイメライを弾きなさい」と言いました。

周りの人はみんなが笑いました。
「トロイメライなんて子供でも弾ける曲じゃないか」

彼女は呆然としました。

そんな彼女に先生はこう言いました。

「あなたは勘違いをしています。ピアノは指で弾くものではありません。この言葉の意味を発表会までによく考えなさい」

彼女は驚きました。

迎えた本番、彼女はただ一点だけを想い、トロイメライを弾きました。

心を込めて弾く。

聴いていた聴衆が驚きました。
演奏が終わると皆が拍手喝采でした。

「ピアノは指で弾くものではない」
この言葉の本当の意味を彼女は分かった時でした。

この漫画を読んだのは私が大阪音楽大学でギターを学んでいた時でした。

当時は殆どこのお話しの真意が分かりませんでしたが、あれから20年以上経ち、人並みに失恋や失望、挫折、人間関係の崩壊を経験してこの話の真意が分かりました。

私にギターを教えて下さった大野朱美先生、藤井眞吾先生もきっと私に「ギターは指で弾くものではなく、心で弾くものだ」と教えてくれたのだとこの歳になってようやく分かりました。

 - ギター教室への熱い思い , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

豊中教室の看板をリニューアル

今日は早めに豊中教室へ行き、看板をリニューアルしました。 いわゆるブラックボード …

no image
CM動画の再生回数

昨日、西尾ギター教室CM動画がYouTubeにアップされました。 一日で約100 …

ハロウィン

ハロウィンですね。 ギター教室の玄関にハロウィンの飾り付けを施してみました。 箕 …

驚くほど体験レッスンのお申し込みがあります。

ありがとうございます。 1月に入りまして、本当に沢山の体験レッスンのお申し込みを …

バレンタインデーにチョコレートをありがとうございます。

今年も沢山のバレンタインチョコを生徒さんより頂きました。 本当にありがとうござい …

師匠が走る

12月になりました。2012年も残すところ、後一ヶ月となりました。 今年ほど短い …

ギターを丁寧に扱う

ギターを丁寧に扱う 私は生徒さんがギターを粗末に扱ったら怒ります。 レッスンで怒 …

高校でのギターレッスン

今日から約三ヶ月間、とある高等学校の音楽の授業でギターを教えに行きます。 兵庫県 …

今日も高校で授業

今日も三田市にある三田祥雲館高等学校にて音楽の授業でギターのレッスンをしてきまし …

ヤル気の出るレッスン

長年、ギター教室を運営していると避けて通れない問題がたくさんあります。 そのうち …