箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

井の中の蛙

   

「井の中の蛙大海を知らず」

皆さんもよくご存知の有名なことわざだと思います。

改めてこのことわざの意味を調べて見ると、実に様々な意味を知りました。

さて、私がギターを始めたのは高校1年生の時です。アコースティックギターでのコード弾き語りを始め、すぐにエレキギターを購入しました。

あっと言う間に上達し、自分で言うのも恥ずかしいですが、学校で1番上手に弾ける高校生でした。

音楽の授業は全てギター。もちろんいつもギターの実技は100点を取っていました。成績はいつも5段階評価の5です。3年間5でした。

自分にはギターは向いていると本気で思っており、自分に弾けない曲はないと思っていました。

18歳、高校3年生の10月に彼女にフラれ、人生初の大きな挫折を味わいました。

私はエレキギターからクラシックギターに持ち替えて、必死に練習して大阪音楽大学を受験しましたが、さすがにクラシックギターを3ヶ月で音大合格は出来ず、敢えなく浪人生活を送る事になりました。浪人時代は1日に8時間は練習していました。

その甲斐もあって、翌年は合格。何とか大阪音楽大学ギター科に入学する事が出来ました。

意気揚々と音大に入学し、コンクールを受ける為に日本全国を周りました。

ここで、このブログタイトルでもある「井の中の蛙大海を知らず」を深く噛み締める事になります。

コンクール、受けども全て二次予選で敗退。

こんなはずではない。自分はギターに向いている人間だ。絶対に優勝出来るはずだ。そう信じていた自信も、脆くも崩れていき、終いにはコンクールを受ける事が嫌になりました。

音大を卒業し、24歳の時、ようやく第48回九州ギターコンクールで二次予選を突破し、第3位を受賞する事が出来ました。

高校生の頃、自分はギタリストになれると信じて疑いもしませんでしたが、所詮は井の中の蛙。

井の中のどころか、風呂の中の蛙です。

大阪のちっぽけな高校で1番だからと言っても、所詮は素人の集まり。その中で1番ギターが上手いからと言っても所詮は素人です。

そんな私ですが、それでも何とかかんとか今は箕面市でギター教室をやりながら一応、プロとして活動しています。

井の中のの蛙大海を知らず、この言葉の意味を深く噛み締めて、またこれからもギターを頑張りたいと思います。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
エチュード No.7 (Heitor Villa=Lobos)

ヴィラ=ロボスのエチュード第7番を練習しています。 この曲は出だし冒頭から高速で …

海が見える街

この曲は確か今年の5月頃、日本に非常事態宣言が発令され、自粛期間中に作った曲にな …

6年目のレッスン

画像の生徒さん、Yさんは現在高校3年生です。 小学6年生の頃から私の所に習いに来 …

無様から生き様へ

私が大好きなアーティストは氷室京介さんです。 16歳の時に友人の家で氷室京介さん …

何度でも立ち上がる人でありたい。

10月いっぱいで西尾ギター教室を卒業されたHさんからレッスンの最後にお手紙を頂き …

体験レッスンが増えています。

10月に入りました。有り難い事に体験レッスンが増えつつあります。 年間を通しても …

箕面市を襲った地震

6月18日 午前7時58分 震度6の地震が箕面市を襲いました。 私は前日のレッス …

新教室が完成しました。

     西尾ギター教室の新教室が完成し …

銀シャリさんが西尾ギター教室に来ました。

吉本興業の漫才コンビ、銀シャリさんが西尾ギター教室に来られました。 関西テレビ「 …

満員御礼申し上げます。

   秋の体験レッスンでは今年もたくさんの方がご受講頂きまし …