箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

20歳の頃…

   

画像は20歳の頃、つまり大阪音楽大学の学生だった頃の写真です。

この頃は茶髪のロン毛でした。

なぜって?木村拓哉さんに憧れていたからです。木村拓哉さんの人気が凄かったのですよ。

男は皆、木村拓哉さんに憧れていたんですよね。

で、私も真似して茶髪のロン毛でした笑

この頃、茶髪のロン毛でクラシックギターを弾いている奴なんて私以外にいなかったのですよ。

この髪型で九州ギターコンクールを受けに行ったら審査員の福田進一さんに「君は池田貴族に似ているな」と言われました笑

この頃は毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

大学行ってクラシックギターを勉強して、帰宅してギター練習して、アルバイトして、アルバイト終わったら友達とカラオケ行って、朝までオールして、ファミレスのモーニング食べて、帰宅してシャワー浴びてから大学行くっていう生活をしていました。

若かったから出来たのでしょう。

本当によく遊んだと思います。

いったい、いつ寝ていたのか覚えていません。

恐らくギター以外の授業では寝ていたと思います。

将来の事を全く考えていませんでした。

自分にはギターの才能があると思っていたので、卒業後にはコンクール優勝してから留学して、留学中に国際ギターコンクールに優勝して、帰国後にCDデビューして全国を駆け巡るクラシックギタリストになれると思っていました。

しかし、現実は甘くなかった。

大阪音楽大学卒業後、髪の毛の色を黒に戻して、短く刈り上げ、フリーター兼コンクールチャレンジャーでした。

コンクールを受ければ二次予選敗退。

受けても受けても二次予選敗退。

本当に世の中は厳しいと実感しました。

コンクールで3位を受賞するまで4年掛かりました。

その間、父親の病気が悪化した為、お金も無いので留学は諦めました。

そして様々な音楽教室でギター講師をし、26歳でアルバイトを辞めれました。

33歳で完全に独立し、全ての音楽教室を辞めて西尾ギター教室一本でやれるようになりました。

36歳でピアノ教室も立ち上げました。

20歳の頃の私は考えが甘すぎたと今では深く反省しています。

20歳の頃に描いていた夢とはかけ離れていますが、何とか今でもギターでご飯が食べれているのは私にギターを教えて下さった大野朱美先生、藤井眞吾先生、藤井敬吾先生、家内、親、そして西尾ギター教室の生徒さんのおかげだと思います。

コロナ時代でも変わらずレッスンにお越し下さる全ての生徒さんに感謝申し上げます。

池田貴族が分からない人はググって下さい笑

西尾ギター教室の公式LINE@はこちら💁‍♀️
お友達登録をよろしくお願いします。

 - ギター教室への熱い思い , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

女子大生の生徒さん

最近の投稿では男性の生徒さんばかり載せていましたので、本日のブログでは女性の生徒 …

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 新年は …

継続は力なり?

神戸そごうが神戸阪急に変わり、その柿落としでフランスフェアという催し物が開催され …

中学生のレッスン

西尾ギター教室には中学生の生徒さんもたくさん習いに来られています。 主に箕面市立 …

子守唄~imari~

この曲はある生徒さんをイメージして作った曲になります。 子守唄は私がいつか作りた …

私を雇って下さった音楽教室が閉店します。

私が九州ギターコンクールで第3位を受賞したのが今から16年前の24歳の秋でした。 …

またまたチョコレートを戴きました

今日は7年通ってくださってるKちゃんからバレンタインチョコレートを戴きました。 …

発表会を終えて

  三年前、氷室京介さんのLIVEに行った時に氷室京介さんが、ライブが …

手作りクッキーの頂き物

今日かは箕面教室のレッスンがスタートしました。 生徒さんのお母様から手作りクッキ …

rty
店頭ボードが出来上がりました

明日、豊中教室がオープンします。 今日は家内と一緒に店頭ボードを作成しました。 …