箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

負け犬の美学

   

ひょんな事からこの映画を知りました。

フランス映画「負け犬の美学」原作は「スパーリング」です。

あらすじは45歳の中年プロボクサーが娘のピアノを買ってあげる為に欧州タイトルマッチに出場する選手のスパーリングパートナーにかって出て最後はその試合の前座に出場して勝利して引退するまでを描いています。

確かキャリアは200戦やって20勝180敗と、どうやっても才能のないプロボクサーの一場面を描いています。

主人公は自分にボクシングの才能が無い事も分かっていますが、チャンピオンから「なぜボクシングを続けるのか?」との問いに「ボクシングが好きだから。それと娘にピアノを買ってあげたいから」と答えます。

主人公の葛藤と、スパーリングでのボロボロになる姿は同じ45歳の私にも気持ちが痛いほどよく分かります。

この映画は実はモデルになったボクサーがいます。ピーター・バックリーというボクサーでプロボクサーとしてのキャリアは19年で300戦、32勝256敗12引き分けというボクサーです。

まさに「噛ませ犬」としてリングに上がり続けた伝説の最弱ボクサーなのです。

リングの上では勝者と敗者しかいない。勝者にしかスポットライトは当てられない。敗者になってもボロボロになってもボクシングを続ける主人公に私は、自分と重なる事が多いと感じました。

私もコンクールチャレンジャーだった20代は本当にいつも2次予選で敗退していました。

いつも「自分にはギターの才能はないな」と思っていました。

コンクール二次予選で敗退した後の失望感は本当に精神的にも堪えます。

この映画を観て、主人公と自分には共通する所が多く、とても考えさせられました。

ボクシングもクラシックギターと同じで厳しい世界です。

コンクール優勝歴の無いギタリストにはスポットライトが当たらないのが現実です。

ボクシングも同じ。恐らくプロボクサーになったけど、日本ランカーどころか一勝も出来ずに引退したプロボクサーは山のようにおられると思います。

彼らにスポットライトは当たりません。

それでもボクシングが好き、私の場合はギターが好きで何とかギター教室をやって生計を立てています。

ギターが上手に弾けない人の気持ちは痛いほどよく分かります。そこが私の強みだと思います。

それでも毎日、上手くなりたい!という気持ちを持って練習すること。そして生徒さんにも何とか上手になって頂きたいと思い一生懸命にレッスンする毎日です。

箕面市・豊中市の西尾ギターウクレレ教室の公式LINEアカウントはこちら⬇️お友達登録をよろしくお願いします。

⬇️クリックして下さい⬇️

友だち追加

 - ギター教室への熱い思い , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

体験レッスンのお問い合わせをありがとうございます

9月に入り、立て続けにお問い合わせ、体験レッスンのお申し込みを頂いております。 …

夫婦共演動画

2019年9月15日に行われた西尾ギター教室の発表会にて家内(フルート)と二重奏 …

秋の体験レッスン

西尾ギター教室では秋の体験レッスンを開催しております。 まだギターを弾いた事がな …

no image
ありがとうございました

私の高校時代の恩師、尾崎英子先生がお亡くなりになられました。 私がギターを始めた …

体験レッスンで大切にしていること。

本日は5週目に当たるので、通常のレッスンはお休みでしたが、お一人のお子様から体験 …

テレビに出演しました

今日は西尾ギター教室の生徒さんである山田遼作さんと一緒にテレビ出演しました。 J …

10年前を振り返って PART12

画像の生徒さんはNさんです。 2012年の6月の最後に某教会で体験レッスンをした …

クラシックギターの構え方

今日からギター初心者の為に役立つブログを書いていこうと思います。 クラシックギタ …

生徒さんからお手紙を頂きました。

西尾ギター教室の箕面教室には併設してピアノ教室も開講しております。 西尾ピアノ教 …

とことん凹む人間は、見込みがある

たまたまネットを見ていたら、野村克也さんの名言集が目に留まりました。 「とことん …