箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

明日世界が終わるとしても、私はリンゴの木を植える

   

明日世界が終わるとしても、私はリンゴの木を植える

この言葉はドイツの神学者 マルティン・ルターの言葉です。

1517年カトリック教会に対して95ヶ条の御誓文を発表した神学者ルターはそれまでのキリスト教、カトリックに対する不正に対して胃を唱えた神学者です。

明日世界が終わるとしても、私はリンゴの木を植える

この言葉の意味をよく考えます。

もし明日、世界が終わるとしても、私は今日、林檎の木を植える。

明日には世界が滅ぶと分かっている。今日、林檎の木を植えた所で全く意味はない事は明白です。しかし果たして無意味な事なのでしょうか。

ルターは「意味がない」とは全く思っていません。

むしろ、明日世界が終わっても、今日林檎の木を植えるという事は今現在に生きている事に他ならないと思います。

今を生きる者、それは林檎の木を植える者です。

林檎の木を植える事によって今を生きることだと思います。

この行為はギターレッスンにも当てはまります。

明日、ギター教室を辞める事が分かっている生徒さんがいたとしても、私は今日、全力でギターレッスンをする。

これは本当に難しい事です。明日、ギター教室を辞める事が分かっていたのなら、普通は最後のレッスンでは手を抜きます。それが普通だと思います。事実、私もこのルターの言葉の意味を知るまでは辞めていく生徒さんの最後のレッスンでは手を抜いていました。

しかし、このルターの言葉を知ってからは絶対に手を抜く事は辞めました。

明日、ギター教室を辞める事が分かっている生徒さんがいたとしても、私は今日、全力でギターレッスンをする。

それは何故か?

私の使命は「生徒さんにギターを生涯の友だと思って頂くこと」この一点だけです。

確かにギター教室を辞めます。しかし生徒さんはギターと永遠にお別れする訳ではありません。西尾ギター教室を辞めた後も生徒さんとギターの関係が一生続くように。

その為に私は最後のレッスンも全力でレッスンをします。

明日世界が終わるとしても、私はリンゴの木を植える。

明日、ギター教室を辞める事が分かっている生徒さんがいたとしても、私は今日、全力でギターレッスンをする。

この二つの言葉には共通する言葉があります。

それは未来が絶望であったとしても現在、今に生きるのです。

今、現在をどのように頑張るのかが重要な事だと問われています。

西尾ギター教室では仮に生徒さんが今日でギター教室を辞めると決断されても全力でレッスンをさせて頂きます。

それは西尾ギター教室のコンセプトが、

「ギターは友達」だからです。

西尾ギター教室の公式LINE@はこちら💁‍♂️

お友達登録をよろしくお願いします。

友だち追加

 - ギター教室への熱い思い , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

西尾ギター教室は変わります

二年前まで発行していた西尾ギター教室ニュースレターを復活させる事としました。 実 …

今日から7月

今年も半分が過ぎました。 早い、早すぎます。 あっという間に夏になりました。 お …

3日連続でお問い合わせを頂きました!

西尾ギター教室に沢山のお問い合わせを頂きありがとうございます。 この所、毎日のよ …

今年一年ありがとうございました。

2019年が終わります。 今年も沢山のお問い合わせ、ご入会ありがとうございました …

クリスマスの夜

クリスマスの夜はとても楽しい家族の時間だと思います。 私にとってクリスマスとは、 …

発表会を終えて

  三年前、氷室京介さんのLIVEに行った時に氷室京介さんが、ライブが …

テレビに出演しました

今日は西尾ギター教室の生徒さんである山田遼作さんと一緒にテレビ出演しました。 J …

道無き未知を進め

令和元年8月1日 西尾ギター教室は法人化して 株式会社西尾ギター教室になります。 …

生徒さんから頂いた作文

小学生のT君は学校で「名人を紹介しよう」という作文で私の事を書いて下さいました。 …

昭和のフォークソング

西尾ギター教室ではお子様のレッスンと定年退職された方に向けたレッスンを行っており …