箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

場面緘黙症の生徒さん

   

皆さんは場面緘黙症という言葉をご存知でしょうか。「ばめんかんもくしょう」と読みます。

場面緘黙症とは、「家族以外の他人や自宅以外の場所に行くと極度の緊張で体が固まってしまい、何も喋れなくなったり動けなくなってしまう」症状を指します。

早い人で2歳から5歳で発症して小学校に行けなかったり、友達と喋れなかったりします。

実は私自身、今まで1000人を超える生徒さんを教えて来ましたが、過去に3人ほど恐らく場面緘黙症の生徒さんがいたのではないかと思います。

私のレッスンの時には全く喋ってくれない。頷く事もしない、という生徒さんがおられました。

その時は私自身が場面緘黙症という言葉自体を知らなかったので「極度の人見知りなのかな?」と思っていましたが、今思い返すと場面緘黙症だったと思います。

私は決して非難しているのではなく、むしろ場面緘黙症の方が来られたらギターの魅力を伝えたいと思っています。

ギターは他人と喋らなくて良いので、場面緘黙症の人には最高の習い事、趣味だと思います。

場面緘黙症の人には、その人にしか分からない苦しみがあります。

極度の緊張から他人を目の前にすると全く喋れなくなるのは本当に辛いのだと思います。

私はそのような方に寄り添うレッスンがしたいと思います。

実は私は不安障害の持病を持っています。極度に将来に対する不安が募り、酷い時は夜も眠れません。

「あーなったらどうしよう?こうなったらどうしよう?」と考えると本当に夜も眠れなくなり、最後は眠剤を飲んで無理矢理寝ます。それほど不安障害は辛いものです。

ある時、とある人にこのような話をしたら、「あなたはそうやって、可哀想な人を演じて同情して貰いたいの?そこがあなたの駄目な所だよ」と言われて非常に傷付いた事があります。

その発言を聞いて、人の気持ちが分からない人間にはなりたくないと、その人を見て心底思いました。

私はもちろん、場面緘黙症ではありません。しかし私は常に「人の苦しみは、その人にしか分からない」だから私に出来る事があるなら、その人の立場に立って寄り添ってあげようと思って常にレッスンしています。

もし場面緘黙症や、発達障害、アスペルガー、ADHD、鬱病、不安障害、知的障害、その他様々な障害をお持ちの方でもギターをやってみたいと思われる方は西尾ギター教室までご連絡下さい。

私、西尾純平はどんな時でも生徒さんの味方であり、友でありたいと思います。

どんな生徒さんも大切にする西尾ギター教室でありたいと思います。

箕面市・豊中市の西尾ギターウクレレ教室の公式LINE@はこちら⬇️お友達登録をよろしくお願いします。

⬇️クリックして下さい⬇️

 - ギター教室への熱い思い , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

益子祥子先生のセミナー

久しぶりのブログです。 やっとブログが書けました。というのも最近は、一週間にお一 …

粟生幼稚園 運動会

今日はギター教室はお休みです。箕面市にある粟生幼稚園の運動会に保護者として参加し …

第4回 西尾ギター教室発表会

   明日の木曜日、箕面市立メイプル小ホールにて第4回 西尾 …

最初はどのギターから始めるのが良いか

ギターを始めるにあたって、まず最初に考えるのは、「どのギターから始めるのが良いか …

小学五年生M君の演奏

コロナにも負けず、西尾ギター教室では毎日レッスンしております。 今日の生徒さんは …

no image
左先生とお会いしました

今日は梅田で左先生とお会いしました。 初めてお会いしましたが、とても優しい好青年 …

ギターを丁寧に扱う

ギターを丁寧に扱う 私は生徒さんがギターを粗末に扱ったら怒ります。 レッスンで怒 …

ギターを挫折しない方法

   ギターを昔、挫折された方は多いと思います。かくゆう私も …

お問い合わせありがとうございます😊

ブログの更新が疎かになっており大変申し訳ありませんでした。 新年早々、3件の体験 …

西尾ギター教室が大切にしていること

今日も沢山の生徒さんが西尾ギター教室にお越しくださいました。西尾ギター教室の生徒 …