箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

自己原因論

   

私は自分の生き方、考え方は全て「自己原因論」に基づいて生きていこうと考えています。

自己原因論とは何か?

自己原因論とは自己責任論ではありません。

自己原因論とは「何か問題が起きた時、その問題の原因は自分にあるのではないのか?」と考える所からスタートする考え方です。

例えば「生徒さんがギターを上手く弾けない」となった時、「それは生徒さんが練習しないのが悪い!」と考えるのではなく、「私の教え方にそもそも原因があり、伝え方に原因があるのではないか?」と考え、レッスンに創意工夫して、特に伝え方に気を付けてレッスンをします。

「生徒さんが悪い!俺は悪くない!」と考えるのは他者原因論になります。そう考えるのは楽です。しかし、それは間違っていると私は思います。

そもそもギターを弾けないから生徒さんはギター教室に習いに来られている訳です。

そして弾けるようになりたいからギター教室に来られている訳でありまして、弾けるように導くのがギター講師の役割だと思っています。

もちろん現実はそんなには甘くありません。

いくら丁寧に説明しても、なかなか理解出来ない生徒さんもおられます。噛み砕いて噛み砕いて伝えても中々伝わらない事も多いです。

しかし、その様な場合にこそ「自己原因論」の精神に立ち返り、「この生徒さんにはどのようにして伝えるのが良いのか」と考える事が私は大切だと思います。

生徒さんの好きな曲をやってみる。

一少節だけやってみる。

など様々な工夫が大切だと思います。

「自分は絶対に正しい!相手が考え方を改めるべきだ!」と考えるのは愚の骨頂です。

これこそが人間関係を崩壊させる一番の原因だと私は思います。

まず相手の立場を想像する。相手の立場を思い遣る。ここからスタートしない限り、絶対に上手くいきません。というのも私も過去に何度もこの「他者原因論」で物事を考えた為に失敗して来たからです。もちろんギターレッスンでも失敗しました。だからこそ、ギターレッスンでは自己原因論に基づいたレッスンを心掛けており、今では沢山の生徒さんがお越しになられています。

レッスンに来られる生徒さんの人数によって、やり方は千差万別。100人いたら100通りのやり方を模索して、その都度臨機応変にやり方を変えねばなりません。

気が荒い人、繊細な人、感受性が強い人、ボーッとしてる人、不器用な人、あまり人の話を聞かない人、やたらと細かい人、すぐに落ち込む人、粘り強い人、、、様々な生徒さんに合わせて、レッスンをする。

その時、必ず自己原因論の原則を守る。

これこそがギター教室の先生の一番に守るべき考え方だと思います。

しかし最も大切な事は愛を持って生徒さんに接する事、生徒さんがギターと友達になるようにレッスンする事が一番大切な事だと私は思いますし、この考えは変わりません。

箕面市・豊中市の西尾ギター教室の公式LINE@はこちら💁‍♂️

お友達登録をよろしくお願いします。

⬇️クリックして下さい⬇️

 - ギター教室への熱い思い , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

豊中教室の看板をリニューアル

今日は早めに豊中教室へ行き、看板をリニューアルしました。 いわゆるブラックボード …

とある方からメールを頂きました。

今日、何気なくYahoo!メールを開くと、とある方からメールを頂きました。 私は …

今年もツバメさんが西尾ギター教室に来ました。

2016年にギター教室を新居に移転してから、毎年春にツバメさんが西尾ギター教室に …

体験レッスンでした

先日、箕面市外院、石丸、粟生外院、粟生新家にチラシを約1000枚ポスティングしま …

何の為に私はギター講師になったのか?

先日、吉本興業のお笑い芸人の宮迫博之さんと田村亮さんが反社会的勢力から金品を受領 …

ギターを挫折しない方法

   ギターを昔、挫折された方は多いと思います。かくゆう私も …

諦めの悪い男

今日は5週目なのでレッスンはお休みでしたが、今日もギター教室、ピアノ教室のチラシ …

no image
家内と練習しました

今日はレッスンがお休みだった為に、家内と練習をしました。 12月15日、大野ギタ …

娘が風邪をひきました

箕面市は雪が少し積もりました。 ギター教室は今日も元気にレッスンをしますが、皆さ …

娘の幼稚園に行きました

娘が通う幼稚園に娘を迎えに行った時、クラスの掲示板に娘の作品が飾られていました。 …