箕面市・豊中市の子供向けのギター教室です。

   箕面市・豊中市の西尾ギター教室

自己原因論

   

私は自分の生き方、考え方は全て「自己原因論」に基づいて生きていこうと考えています。

自己原因論とは何か?

自己原因論とは自己責任論ではありません。

自己原因論とは「何か問題が起きた時、その問題の原因は自分にあるのではないのか?」と考える所からスタートする考え方です。

例えば「生徒さんがギターを上手く弾けない」となった時、「それは生徒さんが練習しないのが悪い!」と考えるのではなく、「私の教え方にそもそも原因があり、伝え方に原因があるのではないか?」と考え、レッスンに創意工夫して、特に伝え方に気を付けてレッスンをします。

「生徒さんが悪い!俺は悪くない!」と考えるのは他者原因論になります。そう考えるのは楽です。しかし、それは間違っていると私は思います。

そもそもギターを弾けないから生徒さんはギター教室に習いに来られている訳です。

そして弾けるようになりたいからギター教室に来られている訳でありまして、弾けるように導くのがギター講師の役割だと思っています。

もちろん現実はそんなには甘くありません。

いくら丁寧に説明しても、なかなか理解出来ない生徒さんもおられます。噛み砕いて噛み砕いて伝えても中々伝わらない事も多いです。

しかし、その様な場合にこそ「自己原因論」の精神に立ち返り、「この生徒さんにはどのようにして伝えるのが良いのか」と考える事が私は大切だと思います。

生徒さんの好きな曲をやってみる。

一少節だけやってみる。

など様々な工夫が大切だと思います。

「自分は絶対に正しい!相手が考え方を改めるべきだ!」と考えるのは愚の骨頂です。

これこそが人間関係を崩壊させる一番の原因だと私は思います。

まず相手の立場を想像する。相手の立場を思い遣る。ここからスタートしない限り、絶対に上手くいきません。というのも私も過去に何度もこの「他者原因論」で物事を考えた為に失敗して来たからです。もちろんギターレッスンでも失敗しました。だからこそ、ギターレッスンでは自己原因論に基づいたレッスンを心掛けており、今では沢山の生徒さんがお越しになられています。

レッスンに来られる生徒さんの人数によって、やり方は千差万別。100人いたら100通りのやり方を模索して、その都度臨機応変にやり方を変えねばなりません。

気が荒い人、繊細な人、感受性が強い人、ボーッとしてる人、不器用な人、あまり人の話を聞かない人、やたらと細かい人、すぐに落ち込む人、粘り強い人、、、様々な生徒さんに合わせて、レッスンをする。

その時、必ず自己原因論の原則を守る。

これこそがギター教室の先生の一番に守るべき考え方だと思います。

しかし最も大切な事は愛を持って生徒さんに接する事、生徒さんがギターと友達になるようにレッスンする事が一番大切な事だと私は思いますし、この考えは変わりません。

箕面市・豊中市の西尾ギター教室の公式LINE@はこちら💁‍♂️

お友達登録をよろしくお願いします。

⬇️クリックして下さい⬇️

 - ギター教室への熱い思い , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
日曜日担当 加藤奏先生のブログ

こんにちは !西尾ギター教室の日曜日担当講師の加藤奏です。寒い日が続きますね 。 …

クリスマスの飾り付け

街ではクリスマスソングが流れ始め、クリスマスが近くなって来ました。 箕面市の西尾 …

10年前を振り返って PART14

年明け2013年に私は一つの決断を下しました。 年明けにもどんどんと生徒さんが増 …

豊中市蛍池ギター教室のオープンまで

豊中市蛍池に西尾ギター教室がオープンします。 3月1日にオープンしますが今、準備 …

人と人との出会いに感謝

人生において人と人との出会いは時に人生を左右すると言っても過言ではありません。 …

今日は娘の誕生日

今日は娘の誕生日です。4歳になりました。 あれから4年も経つと思うと不思議な感じ …

西尾ギター教室のハロウィンレッスン

西尾ギター教室では10月の最後の週のレッスンではハロウィンレッスンとして、小学生 …

岡本一郎先生がお亡くなりになられました。

日本のギタリストで、偉大な指導者のお一人、岡本一郎先生が天に召されました。 岡本 …

さくらんぼ

生徒さんのKちゃんが「先生!さくらんぼを弾きたい」と言ったのでさくらんぼをしまし …

no image
突然の来訪

今日、最初の生徒さんが来られる15分前に突然、「ピンポン!」とインターホンが鳴り …